1000万円を貯金するかローンを選ぶか

サラリーマンでも副収入があれば懐は温まりますし、定年後の収入に関しても、安定をした収入があれば安心です。
自分が働かなくても収入になるのが不動産投資であり、不動産を購入するための資金は、現金を用意するかローンを組むかになります。
不動産投資のために1000万円の現金をこれから貯めるのは、簡単なことではありません。
すでに年収がかなり高い人であれば話は別ですが、一般的なサラリーマン家庭であれば、すぐに貯金できる金額ではないです。
1000万円の現金を地道に貯金をしていくのにはかなりの時間がかかりますが、同じ金額の投資用マンションをローンで購入すると、実は完済期間はローンの方が早くなります。
金額的にも1000万円というお金を簡単に借りる勇気はないとしても、貯めることと比べてみると、投資用マンションのローンを返していったとき、期間は貯金よりもローンの方が終わるのが早いです。
投資用ローンを1000万借りて、入居者からの60万円の家賃収入での返済期間は9年10か月ほど、これに対し貯金をする方法だと1000万円までには16年8ヵ月かかります。

自然と調和した暮らしができる家づくり

すみーくは日本全国に浴室暖房乾燥機をお届けしています

トレーラーハウスの店舗はいかがですか?