相続税の節税に活かせるのは不動産

世代が変わるときに相続税の問題が浮上をしますが、現金をそのまま保有しているよりも、相続税の節税になるのが不動産です。
お金は大切ですがそのまま現金を保有するより、不動産を購入して投資を開始したほうが、相続税の相続税評価額を圧縮することができます。
現金はもちろん価値がありますが、相続を視野に入れた時には節税対策も必要であり、その際に役立つのは不動産投資での不動産です。
評価額の計算方法が絡むため、不動産投資をしているほうが、相続の際の節税に活用ができます。
相続税の計算の基礎となる評価額は、現金であればそのまま額面通りの数字が評価額です。
しかし不動産投資の場合は現金とは異なり、建物や土地は時価での評価はされません。
評価額の計算は割引いて行われるため、計算後の数字的にも相続税は不動産投資の方が安くなります。
現金であれば税金もしっかりと取られますが、投資用の不動産に現金を変えてしまうことにより、計算後の評価額はなんと、三分の一や四分の一にまで下げることが可能です。